革製品について

 

腕時計ベルトのリーディングカンパニー、バンビ。

100年近い歴史の中で培ってきた皮革に対する目利きを活かし、
革小物ブランド「さとり」「GREDEER」を展開しています。
すべて日本製。革の変化を楽しめる、共に歩んでいくのに相応しい逸品です。




物事に妥協せず究極までこだわり、物づくりをする

日本が世界に誇る銘柄牛、松阪牛。
その豊潤な油分のため加工が難しく、「松阪牛革」は限られた製革所でしか作り上げられません。

「さとり」シリーズはこの松阪牛革を贅沢に使用し、
全ての商品に牛一頭一頭の個体識別ナンバー(JPナンバー)を刻印。
三重県松阪食肉公社が発行する素材証明書が付属されます。

他の牛革に比べ、圧倒的なきめの細かさがあり、しっとりとした手触りです。

松阪牛のうまみの成分は、黒毛和牛に豊富に含まれる「不飽和脂肪酸」。
融点の低いこの成分は革にも含まれ、体温や摩擦などの外的要因が加わることで表面に滲み出し、
コードバンやエナメルのような光沢が育っていきます。

シンプルな見た目ながら、艶と滑らかさを備えた特徴的なたたずまいは
最高の銘柄牛である風格を感じさせてくれます。





質感を愉しむ。良い「もの」と歩む。

 

唯一無二の色合いの「アドバンティック仕上げ」。
革のダイヤモンドと呼ばれる「コードバン」。
豊富なカラーを楽しめるようアレンジされた「松阪レザー」。
皮革の王様、「クロコダイル」。

この4つの原皮を、それぞれの特徴を活かし、
長年革を扱ってきたバンビだからこその視点で作り上げました。


― アドバンティック仕上げ ―


一度行った塗装の上から、更に濃色の塗料を重ねた上でバフ掛けをし、
上層の塗料のみ部分的に落とすことで作り上げる技術です。
濃すぎず薄すぎずの絶妙な加減は、職人の勘とセンスによるもの。
だからこそ唯一無二、一つとして同じ表情のものはありません。



 

 


― コードバン ―


繊維構造が緻密で強度が高く、常に高い人気を誇る原皮ですが
市場で流通しているものの多くは「顔料染め」。
そこでGREDEERでは革の風合いを楽しめるよう、「水染め」のコードバンを使用しています。
顔料染めに比べ透明感があり、透けるような美しいムラ感が堪能できます。



 


― 松阪レザー ―

きめが細かく鮮やかな発色が出る松阪レザーを
カジュアルに楽しむため、カラーバリエーションとコンパクトさにこだわりました。



― クロコダイル ―
数ある皮革製品の中でも、別格の存在感を放つクロコダイル。
迫力のある符、深みのある色合い、それでいてしなやかな肌触りはまさに皮革の王者。
GREDEERではその風格を堪能できるよう贅沢に一枚革を使用し、卓越した職人の技で仕上げました。
究極の逸品というのに相応しい仕上がりです。




 

【参考】
お手入れ