バンビが独自ルートで手に入れた「松阪牛の革」

 

松阪牛の革を扱えるのは、世界でバンビのみ。

企画開発担当者が何年もかけ熱意を伝え、

皮革産業として初めて「松阪レザー」を入手しました。

 

他の牛革と異なる豊潤な油分等、皮革になるまでの加工には

高い技術が必要とされ、何度も何年も試行錯誤が繰り返されました。

そうして、松阪レザーが誕生し

最初から最後まで本当の「国産」革小物ブランド、「さとり」が誕生したのです。