さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, さとり×博庵 名刺入れ HCK63

さとり×博庵 名刺入れ HCK63

通常価格
¥18,700
販売価格
¥18,700
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込
  
  

-  現存する日本最古の革小物工房「革包司 博庵」とのコラボ商品 -

まるで一枚の革のように、究極まで薄くしなやかな名刺入れ。
世界でバンビだけが取り扱う、日本の銘牛「松阪牛」の革と
明治39(1906)年創業の「博庵」の匠の技が融合しました。

薄さの秘密「ベタ貼り製法」
僅か0.5mmに漉いた革を、表革の裏に寸分の狂いもなく貼り合わせる技術力。
薄さのおかげで、そのまま置いても蓋が浮きません。
箱マチを設けており、形を崩さず多数の名刺を入れることができます。

自然な光沢「ミガキ仕上げ」
革の断面の仕上げ方法を「ミガキ」といいます。
一般的な財布は、断面に塗料を塗ることが多いですが
博庵では布で断面を繰り返し磨き、革の自然な光沢を生かす
昔ながらの製法にこだわっています。

使用者のことを考えた設計
外側正面の角に、受け取った名刺を固定できるスリット付き。

松阪レザー
松阪牛革の経年変化

松阪牛の皮革には良質な油脂が多く含まれています。
体温や摩擦等の外的要因が加わると、表面に油分が浮き上がり、
革に独特の艶と柔らかさが生まれます。
使うほどに質感を変えていく革をお愉しみください。

トレーサビリティ
JPナンバー刻印
全ての松阪牛は個体識別ナンバーによって管理されています。
さとりの革小物には一つひとつ、革の持ち主である松阪牛のナンバーを刻印しています。

素材証明書
素材証明書

さとりの商品全てに三重県松阪食肉公社が発行する素材証明書を添付しています。

【素材】
松阪牛革

【サイズ】
W73×H110×D15mm

【仕様】
名刺入1/マルチポケット3